お知らせ

令和3年度の学校案内ができましたので、ご覧ください。

「世界に一つだけの自分デザイン、左沢高校。」
https://drive.google.com/file/d/13664yNlRo980EaKUvZ68pCrpGLqmdB04/view?usp=sharing
 

携帯QRcode

QRコード
携帯電話・スマートフォンから
緊急連絡 等をご確認できます
 

カウンタ

COUNTER440876
2014-02-18から

学校連絡先

  〒990-1121
  山形県西村山郡大江町大字藤田
  字山中816-3
  TEL:0237-62-2169
  FAX:0237-62-4959
  学校までの地図はこちらをご覧ください。
 

Topics

最新の話題をお知らせします。
12345
2020/12/17

Coffee Roaster & Cafe culminoさんと農業愛好会のコラボカフェ

| by:サイト管理者

1212日(土)にCoffee Roaster & Cafe culminoさん協力のもと、コラボカフェを実施しました。生徒自身が考案した「ふじのココアのタルト」と「紅玉とアーモンドのミルクキャラメル」を「りんごのドルチェセット」という名前で販売し、沢山のお客様に味わって頂くことができました。盛り付けから配膳まで経験させていただき、コロナ禍でお客様と直接触れ合う機会が少ない中、貴重な経験をさせていただくことが出来ました。

      
    
10:49
2020/11/27

地元企業と起業を学ぶ進路セミナー

| by:サイト管理者

 11月25日に2年次の進路セミナーを開催しました。2部構成で実施し、第1部では、山形県西村山地域振興局連携支援室長の鈴木由美子さんを講師に迎え、「ふるさとを語れるようになろうプロジェクト(企業編)」と題して、地元西村山地域の産業とトップレベルの技術を誇る10の企業について丁寧に説明していただきました。

 第2部では、地元大江町左沢出身でケイクスデザインオフィスのデザイナー兼代表の大沼兄昌さんから「会社からの独立、地域で起業するということ」と題して、起業について楽しくお話ししていただきました。大沼さんは現在、大江町と仙台市の2つを拠点とし、グラフィックデザインを中心にデザイン業務、イベント業に従事しています。大江町での仕事の話も交えて将来の職業の選択、仕事の仕方など、生徒にとって新しい考え方や角度を変えたものの見方などをお話していただきました。



    
         
   
15:37
2020/11/12

第2回西蔵王公園花植えボランティア

| by:サイト管理者

10月31日に第2回目のボランティアに行ってきました。JRC部・生徒会メンバーを中心に19名が参加してくれました。天候にも恵まれて、1回目同様に2000ポットを植えてきました。

 今回のデザインコンセプトは、コロナの影響でバラバラになった気持ちを一致団結して乗り切り、これからの日本が、山形が、新型コロナに負けずに進んでいってほしいという願いを込め植えました。11月の閉鎖前までと来年の春に見頃になりますので、ぜひ遊びに行ってみてください。



   
09:37
2020/11/12

宮城県山元町夢ファームへお花お贈りしました

| by:サイト管理者

 10月17日に宮城県亘理郡山元町夢ファームへ、本校で栽培しましたビオラをお贈りしました。

2012年から東日本大震災復興ボランティアとして、毎年1年次生が栽培した花の植栽活動を続けており今年で9回目になります。今年は新型コロナの影響で生徒がボランティアに行くことができず、農業科の教職員が代わりに届ける形となりました。

震災から来年で10年となる節目に向けて、生徒会で何かメッセージを送れないかと考え、生徒会メンバーの手形でメッセージボードを作成しました。左高生のみんなの思いを乗せて、希望の輪を描きました。皆さんの笑顔が生まれますように。

   
    
09:13
2020/10/20

被爆ピアノ平和コンサート

| by:サイト管理者

1016日(金)本校体育館で被爆ピアノ平和コンサートが行われました。今年8月に映画化された『おかあさんの被爆ピアノ』の原作モデルとなったピアノ調律師の矢川氏から講演をしていただきました。
 その後実際に被爆し、2017年にはノーベル平和賞記念コンサート(ノルウェー・オスロに招聘)で演奏したピアノを、橘氏から演奏していただきました。
 事前学習として、選択授業で扱ったり図書館でコーナーをつくったり、戦争について学ぶことができました。コンサート終了後には生徒・職員全員で製作した千羽鶴と花束をお礼の言葉とともに贈りました。この機会に生徒は平和について考え、平和への願いをしっかり感じてくれました。
   
              
        
  校長のコメント.pdf


14:54
12345