お知らせ

 
 

携帯QRcode

QRコード
携帯電話・スマートフォンから
緊急連絡 等をご確認できます
 

カウンタ

COUNTER265016
2014-02-18から

学校連絡先

  〒990-1121
  山形県西村山郡大江町大字藤田
  字山中816-3
  TEL:0237-62-2169
  FAX:0237-62-4959
  学校までの地図はこちらをご覧ください。
 

緊急連絡


 

 

Topics

最新の話題をお知らせします。
12345
2019/04/12

平成31(令和元)年度入学式

| by:サイト管理者

4月8日、平成31(令和元)年度の入学式が行われ、67名の新入生を迎えました。

ようやく暖かくなってきた晴れの日に、呼名された新入生の表情からは緊張が感じられましたが、入学許可を受ける際の返事や立ち姿からは、高校生として一歩を踏み出そうという意欲が感じられました。

そして、新入生代表生徒からは「高校生として、自分で考え、自ら決定し、積極的に行動していきたい」と、意欲的な誓いの言葉がありました。

これから3年間、この左沢高校で有意義な高校生活を送り、左沢高校に入学して良かったという誇りを持って卒業できるような楽しい毎日を過ごして行きましょう!

  

  
  



10:10
2019/03/20

合格発表

| by:サイト管理者

3月17日(日)午後3時、平成31年度入学者選抜の合格発表が行われました。

昇降口前に集まった受検生や付き添いの方は緊張した面持ちでしたが、合格者の受検番号が掲示されると安心した声がもれ、笑顔があふれていました。

剣道部やバレーボール部の先輩たちも駆けつけ、新しい後輩達を歓迎していました。

 

☆4月から左高生となるみなさんへ☆

 合格おめでとうございます。

これから左沢高校で一緒に多くを学び、楽しい学校生活を送りましょう。入学式でみなさんにお会いできることを在校生・職員一同楽しみにしています。


       
10:33
2019/03/09

平成30年度卒業証書授与式

| by:サイト管理者
 3月1日、早春の温かい日差しの中、第61回卒業証書授与式が行われ、総合学科4期生の3年次100名が本校を巣立っていきました。大江町教育長、同窓会長をはじめ、ご列席いただきました皆様ありがとうございました。
 3年間、地域の皆様には様々な学びの機会と沢山のご支援をいただき、生徒たちは大きく成長してそれぞれの進路先に希望を持って社会に踏み出していきました。心より感謝申し上げます。

本校教職員一同並びに在校生一同より
 平成30年度卒業生の未来に幸多かれとお祝いいたします。
 卒業おめでとうございます。

   
       
15:56
2019/02/22

進路体験を聴く会

| by:サイト管理者

 2月13日(水)大江町ふれあい会館ホールで「進路体験を聴く会」が行われました。就職・進学を決めた3年生3名ずつが体験談を1・2年生に発表しました。

 発表後は2年生が「面接で一番注意したことは何か」「学校生活で意識したことは何か」などの質問をしました。3年生は緊張した面持ちでしたが、自身の体験をしっかり話し、後輩に向け、「怠けるのは誰にでもできる。自分の進路達成に向け、辛いことがあっても一生懸命頑張ってください。」とエールを贈りました
   
   


10:44
2018/12/25

創立70周年記念事業「記念植樹・はさみ入れの儀式」

| by:サイト管理者

本校創立70周年を記念して、1221日(金)に本年度最後の記念事業「記念植樹・はさみ入れ」を毛利同窓会長のご臨席を賜り本校体育館で、地元西村山に関わる12本の苗をポットに植える儀式をおこないました。

一つ目は、本県特産果樹の『さくらんぼ』です。品種は、寒河江市が力を入れている「紅秀峰」、自家不和合性の性質を持たない「紅きらり」、本県を代表する「佐藤錦」の3品種です。また、「山形C12号」(試験場育種番号)は、今回、間に合わなかったのですが、7月に品種名募集があり、農業経営履修13名の生徒が応募しました。その発表は3月に行われます。

二つ目は、スモモです。スモモの国内生産順位は、山梨県を筆頭に、次いで長野県、和歌山県、そして4番目に山形県です。本県及び県外のスモモは、早生系統の甘酸っぱい品種が栽培の中心です。そのような中、大江町の果樹農家渡辺誠一さんが、『太陽』に『ソルダム』をかけ合わせ、晩生の品種『サンルージュ』をつくりました。ステージに並んだ2つのポットは、渡辺さんが育成した、『サンローゼス』『クイーンマーキュリー』です。なお、品種育種の原点『サンルージュ』は、朝日町ワインのワイン樽に植えつけました。朝日町ワインは、品質の優れた評価の高いワイナリーです。ヨーロッパブドウの『メルロー』などの品種も仕込みますが、日本の気候に無理をして育てたブドウではなく、日本にあったブドウ、例えば、『マスカットベリーA』などを原材料にしているのが特徴です。

今後になりますが、西川町から『サルナシ』の選抜品種を譲り受ける予定です。サルナシの実のことを『コクワ』といい、マタタビカ科でキウイフルーツと分類が同じです。現在、加工品として、ジュースや果実酒、ジャム、ソフトクリーム、石鹸などに活用・利用されています。西川町が力を入れている月山系のサルナシは、国内品種と染色体の本数が違う系統もあり、遺伝資源として、とても重要であることが分かっています。


12:46
12345